香川県立観音寺第一高等学校同窓会東京支部 公式ホームページ 本文へジャンプ
        
   


令和4年度の事業等が決まりました
 令和4年度の拡大幹事会(書面審議)での承認に基づき、令和4年度の同窓会東京支部の事業等が下記のとおり決まりました。

 令和4年度 事業計画等
1. 会員間の交流の活性化
 ・東京支部の会員や学生に各分野・業界の先輩を紹介するなど、後進者の進路開拓に資する活動。・Zoomを使ったオンライン形式の講演会または昨年度のような「オンライン文化祭」などを開催。
 ・『燧』の編集の大枠は昨年同様と大きく変えず、本気で書いた原稿、世に送り出す原稿、エッセイ、リポート、同窓会報告、「年次短信」などは継続(原稿締め切りは7月末日)。

2. クラブ活動の拡大・強化
 オンラインまたは対面形式によるクラブ活動の創設を支援(1クラブ当たりの年間の補助は約1万円を想定)。ちなみに現在活動中の公式クラブは「遠距離介護支援交流会」(Zoomミーティング形式)、新型コロナにより休止中が「燧合唱団」、「燧句会」。それらの分野以外での新しいクラブを期待します。

3. 経費節減への取り組みの継続
 コスト削減のために、東京支部会員への連絡は、FAXやメールにするなど、経費節減に積極的に取り組みます。

4. 東京支部創立70周年記念事業
 令和7年(2025年)は、東京支部創立70周年にあたりますので、その記念事業に向けての検討・準備を始めます。
             (以上)


会則を改正しました
 令和4年度の事業の一環として、会則を改正し、令和4年7月1日より施行します。改正された会則、その経緯と趣旨などについては、このホームページの左側「(2)東京支部のご紹介」のページをご覧ください。






◎ 観一同窓会東京支部への要望・問い合わせ メール

   観一同窓会東京支部・ホームページ委員会 (責任者:東京支部幹事長 牧潤二)